病院のご案内 ごあいさつ

理事長ごあいさつ

公益財団法人近江兄弟社 理事長
ヴォーリズ記念病院 管理者
三ッ浪 健一

公益財団法人近江兄弟社は1918年3月設立の近江基督教慈善教化財団を前身とし、1940年12月には財団法人近江兄弟社と改称しました。2012年4月からは、本部事務局、ヴォーリズ記念病院、在宅サービス部門、ヴォーリズ老健センターの4事業所が全体として公益財団法人に認定され、創立者ウィリアム・メレル・ヴォーリズの精神を継承する諸事業を行いながら、「地域医療の予防から終末期まで住民が安心して暮らせる地域社会の実現に寄与する事業」を公益目的事業として実施しています。2016年4月から、その公益目的事業について「地域包括支援センターの運営を追加する」ことが認められて近江八幡市中北部地域包括支援センターの運営を開始し、さらに2017年4月からは近江八幡市の認定のもとに、在宅サービス部門に新設された看護小規模多機能型居宅介護「友愛の家ヴォーリズ」が活動を開始しました。これらにより、設立後100年を超えた当法人は、地域の方々すべてが、住み慣れた地域や自宅でいつまでも、自分らしく生きがいを持って生き続けることができるよう、地域包括ケアの推進に力を注いでおります。これまで以上に、皆様のご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

院長ごあいさつ

ヴォーリズ記念病院 院長 五月女 隆男

公益財団法人近江兄弟社は、創立者W.M.ヴォーリズ(一柳 米来留/ ひとつやなぎ めれる)の精神に基づき、病める傷病者に付き添う姿勢での医療を展開しております。『隣人愛』と『奉仕』、『平和』の理念を、医療を通して実践することがわれわれの使命であり、身体の回復のみならず精神の快復をも目的としております。病める友人が少しでも心の安寧を得られるよう職員全員が努めてまいります。
近江八幡市北之庄の地に“ヴォーリズの里”構想のもと、ヴォーリズ記念病院(急性期一般病床、地域包括ケア病床、回復期リハビリテーション病床、療養病床)を核に、ホスピス希望館、老健センター、ケアハウス信愛館で構成され、幅広いニーズに応えるべく、施設の充実に努めております。また、以前より展開しています在宅介護サービス、訪問診療に加え、地域療養支援部を今年度より立ち上げ、さらにスムースな病診連携、病院間連携を通して患者様に途切れの無い連続したサービスを提供できるよう心がけてまいります。これからも、患者様、そのご家族より、“ヴォーリズ記念病院にかかってよかった”とのひとことをいただけるよう、より一層の変革を遂げてまいります。地域に貢献できる医療を実践することがわれわれの喜びです。

事務長ごあいさつ

公益財団法人近江兄弟社 副理事長
ヴォーリズ記念病院 事務長
澤谷 久枝

当院は、創立者W.M.ヴォーリズのキリスト教理念のもと、1918年、結核療養所「近江療養院」として開設しました。戦前戦後を通して結核医療に尽力してまいりましたが、2000年をもって結核病床を閉鎖し、現在は一般病床66床(一般急性期34床、ホスピス16床、地域包括ケア病床16床)、療養病床102床(療養病床60床、回復期リハビリテーション42床)の病棟と外来で医療を行っております。
地域に密着した急性期医療を行い、癌の終末期を迎えられた患者さんのみならず、人生の終末期を迎えられた患者さんに治療・療養の場を提供しております。また回復期の患者さんに積極的にリハビリを提供し、地域の高齢者・障がい者の方へ、往診、訪問看護、ヘルパー、訪問リハビリ、メディカルフィットネスを通して在宅支援を行っております。今後も増加する高齢者の方や、さまざまな障がいをお持ちの患者さんが安心して医療や介護を受けて頂けますよう、貢献していく所存です。今後ともご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

診療受付時間

初診受付
…8:30~12:00
再診受付
…7:30~12:00
診察日
…月曜日~土曜日
外来診療担当表 休診・代診一覧

地域療養支援部

お困りのことがあればご相談ください。

ご入院や、退院後のこと外来受診などお困りのことがありましたらいつでもご相談にいらして下さい。

お電話
:0748-32-5221
FAX
:0748-36-5412
メールでのお問い合わせ

採用情報のご案内 (ただ今募集中!!)

ただ今の採用NEWS

当院は日本医療機能評価機構による「病院機能評価認定病院」です。

日本医療機能評価機構