診療科目・部門のご案内 礼拝堂

平安と心のいやしのために

礼拝堂礼拝堂は、心が静められ、落ち着く場所です。思想、心情に関わり無く自由に瞑想の時を過ごしていただけます。日曜日には礼拝を行っており、どなたでも自由にご参加いただけます。
チャプレン(牧師)が、こころの悩みをお聴きしたり、辛さに寄り添うなどのサポートをさせていただきます。

日曜礼拝/8:30~9:00
*病院に入院、通院に関わらずどなたでも歓迎いたします。
*年末年始など休みの場合もございます。あらかじめホームページでご確認ください。

チャプレンから皆さまへ ご挨拶

病院(当時の「近江療養院」)の設立から19年、敷地内の最も高い所にヴォーリズは礼拝堂を建て上げました。以来70年以上、この病院にあって患者(当時は「病客」と呼んでいました)やスタッフの歩みを見守り続けています。

時にその建物が患者さんやご家族の心に安らぎと慰めを与えたことでしょう。そして、これからも病院で過ごす一時、礼拝堂を訪れ、慰めと安らぎを感じていただければと願います。

礼拝堂はあくまで人の立ち上げた建物に過ぎません。しかし、ヴォーリズは礼拝堂を通してこの病院で出会う一人一人に「神の愛が注がれている」ことを示そうと願いました。「あなたは1人ではなく、共にいます」との神さまの思いを添えて。それは今も、そしてこれからも。

チャプレン、聞き慣れない職種かもしれません。いわば「礼拝堂の出前」のような存在。礼拝堂が神さまそのものではないのと同じようにチャプレンが皆さんの傍らに寄り添い、「神さまとの出会いの場」、「出会いの時」となることを願っています。

『いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。』

(新約聖書 ヨハネの手紙一 4章12節)

礼拝堂 チャプレン安部 勉

礼拝堂だより

過去の記事を見る
チャプレンの「思いつくままに」 第230回

「しかし、まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられねばならない。」(マルコによる福音書 13章10節)

このニュースの原稿を書いている前日、イラン・イラク周辺で大きな地震があり多数の方が今も救援を待っています。先日はメキシコでも大きな地震があり、アメリカでは山火事などの災害がありました。東日本大震災から6年半の月日が経ちましたがまだその痛手は大きな傷跡として、特に原発の廃炉には何十年という単位での作業を必要としています。

また世界では多くの難民が苦しみの中に置かれています。

そして日本海には多大な軍事力が今集結しています。他方、核兵器の発射を準備していると世界に示し、孤立している国があります。

聖書でイエス様は「終末」が来ると弟子たちに伝えました。

この世が終わる日が来るというのがキリスト教の考えです。弟子たちはイエス様に尋ねました「終わりの日が来るしるしを教えてほしい」と。

誰もが「すべてが終わる」と告げられ、それが具体的に決まっているならば「では、どうしようか」と考えるもの。

イエス様はそのしるしとは「戦争、地震、飢饉」などであり、弟子たちは権力者に捕まり苦難を負うと言われました。

誰もが「終わり」という言葉に不安と恐れを持つものです。そしてそのしるしが災害や飢饉、戦争であるとするならば・・・

先の震災を経験した中に「世の終わりでは」と実感した人も多いかもしれません。軍事的緊張から「終わり」を案じる人もいるかもしれません。

イエス様が私たちに示す「世の終わり」のしるしは苦難と恐れ、不安として描かれます。でもイエス様は言われました。「まず、福音があらゆる民に宣べ伝えられなければならない」と。

終わりの日の「しるし」は今、現実に浮かび上がっているかのようです。でもそれらはイエス様が語られた時代から今まで止むことなくありました。

緊張の中にあって、イエス様が示す「終わり」は神さまの御心が世に完成する時であると言われます。それは神の支配がすべてに及ぶ時、生死を越えて、すべての違いを越えて神の愛のうちにある「いのち」輝く時として示される、と。そして、その時を知るのはただ神さまだけなのです。

11月17日発行 「サナニュース」より

あなたの傍らで

カトリック教会の司祭であったヘンリー・ナウエンという人がこう書いていました。
「苦しんでいる人と連帯することは、私たちが自分の苦しみについてその人と語り合うことではありません。自分の傷について話したとしても、苦しんでいる人にはほとんど助けになりません。傷ついた癒し人とは、自らの傷について語らずに、苦しんでいる人に耳を傾けることの出来る人です。」

「お話を聞くことしかできませんが…」
私の自己紹介はこの言葉から始まります。「寂しさ」を取り除く薬はありませんが、皆さんの気持ちが少しでも軽くなるためにお役に立ちたいと願っています。お気軽にお声かけいただければ嬉しいです。

診療受付時間

初診受付
・・・8:30~12:00
再診受付
・・・7:30~12:00
診察日
・・・月曜日~土曜日
外来診療担当表 休診・代診一覧

患者支援センター

お困りのことがあればご相談ください。

ご入院や、退院後のこと外来受診などお困りのことがありましたらいつでもご相談にいらして下さい。

お電話
:0748-32-5211
FAX
:0748-36-5412
メールでのお問い合わせ

採用情報のご案内 (ただ今募集中!!)

ただ今の採用NEWS

当院は日本医療機能評価機構による「病院機能評価認定病院」です。

日本医療機能評価機構