診療科目・部門のご案内 礼拝堂

平安と心のいやしのために

礼拝堂礼拝堂は、心が静められ、落ち着く場所です。思想、心情に関わり無く自由に瞑想の時を過ごしていただけます。日曜日には礼拝を行っており、どなたでも自由にご参加いただけます。
チャプレン(牧師)が、こころの悩みをお聴きしたり、辛さに寄り添うなどのサポートをさせていただきます。

日曜礼拝/8:30~9:00
*病院に入院、通院に関わらずどなたでも歓迎いたします。
*年末年始など休みの場合もございます。あらかじめホームページでご確認ください。

チャプレンから皆さまへ ご挨拶

病院(当時の「近江療養院」)の設立から19年、敷地内の最も高い所にヴォーリズは礼拝堂を建て上げました。以来70年以上、この病院にあって患者(当時は「病客」と呼んでいました)やスタッフの歩みを見守り続けています。

時にその建物が患者さんやご家族の心に安らぎと慰めを与えたことでしょう。そして、これからも病院で過ごす一時、礼拝堂を訪れ、慰めと安らぎを感じていただければと願います。

礼拝堂はあくまで人の立ち上げた建物に過ぎません。しかし、ヴォーリズは礼拝堂を通してこの病院で出会う一人一人に「神の愛が注がれている」ことを示そうと願いました。「あなたは1人ではなく、共にいます」との神さまの思いを添えて。それは今も、そしてこれからも。

チャプレン、聞き慣れない職種かもしれません。いわば「礼拝堂の出前」のような存在。礼拝堂が神さまそのものではないのと同じようにチャプレンが皆さんの傍らに寄り添い、「神さまとの出会いの場」、「出会いの時」となることを願っています。

『いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。』

(新約聖書 ヨハネの手紙一 4章12節)

礼拝堂 チャプレン安部 勉

礼拝堂だより

過去の記事を見る
チヤプレンの「思いつくままに」 第238回

「・・・すると、『あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者』という声が、天から聞こえた。」(マルコによる福音書 1章11節)

「洗礼」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。聖書には「バプテスマ」とフリガナがふられています。キリスト教の儀式として「水に浸す」ことを指します。式では今までの人生を「悔い改める」ようにと勧められます。神道でも「禊」(みそぎ)という儀式がありますが、「水で罪を清める」儀式です。

でも単に「罪を清める」だけにとどまりません。神さまと共にイエス様と共に永遠のいのちを生きるものであることの確かなしるしなのです。神さまに招かれて応じることが「洗礼」です。あらたな「いのち」の始まりとして祝われます。「洗礼」は限られた人に示されるのではなく、すべての人の救いのため「洗礼」があることをイエス様は私達に示されました。

聖書ではイエス様ご自身も「洗礼」を受けられたとあります。イエス様は神の子としてこの世に遣わされました。イエス様には聖書で言われる「罪」はありません。聖書で言われる「罪」とは神さまとの関係を誤ることで「的はずれ」と譬えられることがあります。ではなぜ「洗礼」を受けたのでしょう。理由はわかりません。

でも「天」から聞こえた声はイエス様に「それでよかったのだよ」と呼びかけているかのようです。

あるキリスト教の学者はこう理解しました。「イエス様が清い方なのであってイエス様の洗礼は水を清めるためだった」と。イエス様の罪を清めるためでなく水を聖なるものと変えたというのです。でも心情としてイエス様が私達と「共感」して下さったと受け止めることもできるかもしれません。後悔ある人生、赦されないとも思い、イエス様は私達の「思い」を汲んでくださる方として同じように「洗礼」を受けられた、と。

誰でも自分のことを「分かってもらいたい」と願います。イエス様の振る舞いはきっと洗礼を受けた人々に思い伝わったことでしょう。

私たちもイエス様に「私はあなたと共にいる」と呼びかけられています。その招きがこころに届いたならば新たないのちの始まりと思えますように。イエス様はご自身の振る舞いを通して「さあ、一緒に歩もう」と今も招いておられます。

1月12日発行 「サナニュース」より

あなたの傍らで

カトリック教会の司祭であったヘンリー・ナウエンという人がこう書いていました。
「苦しんでいる人と連帯することは、私たちが自分の苦しみについてその人と語り合うことではありません。自分の傷について話したとしても、苦しんでいる人にはほとんど助けになりません。傷ついた癒し人とは、自らの傷について語らずに、苦しんでいる人に耳を傾けることの出来る人です。」

「お話を聞くことしかできませんが…」
私の自己紹介はこの言葉から始まります。「寂しさ」を取り除く薬はありませんが、皆さんの気持ちが少しでも軽くなるためにお役に立ちたいと願っています。お気軽にお声かけいただければ嬉しいです。

診療受付時間

初診受付
・・・8:30~12:00
再診受付
・・・7:30~12:00
診察日
・・・月曜日~土曜日
外来診療担当表 休診・代診一覧

患者支援センター

お困りのことがあればご相談ください。

ご入院や、退院後のこと外来受診などお困りのことがありましたらいつでもご相談にいらして下さい。

お電話
:0748-32-5211
FAX
:0748-36-5412
メールでのお問い合わせ

採用情報のご案内 (ただ今募集中!!)

ただ今の採用NEWS

当院は日本医療機能評価機構による「病院機能評価認定病院」です。

日本医療機能評価機構