診療科目・部門のご案内 礼拝堂

平安と心のいやしのために

礼拝堂礼拝堂は、心が静められ、落ち着く場所です。思想、心情に関わり無く自由に瞑想の時を過ごしていただけます。日曜日には礼拝を行っており、どなたでも自由にご参加いただけます。
チャプレン(牧師)が、こころの悩みをお聴きしたり、辛さに寄り添うなどのサポートをさせていただきます。

日曜礼拝/8:30~9:00
*病院に入院、通院に関わらずどなたでも歓迎いたします。
*年末年始など休みの場合もございます。あらかじめホームページでご確認ください。

チャプレンから皆さまへ ご挨拶

病院(当時の「近江療養院」)の設立から19年、敷地内の最も高い所にヴォーリズは礼拝堂を建て上げました。以来70年以上、この病院にあって患者(当時は「病客」と呼んでいました)やスタッフの歩みを見守り続けています。

時にその建物が患者さんやご家族の心に安らぎと慰めを与えたことでしょう。そして、これからも病院で過ごす一時、礼拝堂を訪れ、慰めと安らぎを感じていただければと願います。

礼拝堂はあくまで人の立ち上げた建物に過ぎません。しかし、ヴォーリズは礼拝堂を通してこの病院で出会う一人一人に「神の愛が注がれている」ことを示そうと願いました。「あなたは1人ではなく、共にいます」との神さまの思いを添えて。それは今も、そしてこれからも。

チャプレン、聞き慣れない職種かもしれません。いわば「礼拝堂の出前」のような存在。礼拝堂が神さまそのものではないのと同じようにチャプレンが皆さんの傍らに寄り添い、「神さまとの出会いの場」、「出会いの時」となることを願っています。

『いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。』

(新約聖書 ヨハネの手紙一 4章12節)

礼拝堂 チャプレン安部 勉

礼拝堂だより

過去の記事を見る
チヤプレンの「思いつくままに」 第256回

 ・・・「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤ人ではないか。どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くだろうか。」(使徒言行録 2章7-8節)

海外から日本に来られる方々、特に観光客だけでも1000万人を超える時代になりました。ヴォーリズさんたちが日本に来た100年前には西洋からの来訪者など稀なことであり、異国への憧れや恐れなど様々な思いで皆さん迎えたことでしょう。もちろん朝鮮半島の皆さんとの歴史を遡れば歴史ある関係です。でも私たちの生活に於いて違った文化、価値観の人たちと一緒に生活することが珍しいことではなくなったのは最近です。

日本の文化や技術、人柄が他の国から見て優れている、と印象づけるテレビ番組が増えてきたように思います。日本に住む者として新たな発見でもありますが、自らが優れていることを強調するのは劣等感の裏返しのようにも見え、素直に喜べません。

他国に目を向ければ民族同志、隣国との関係で争いが絶えず、今も紛争が止みません。

アメリカはイスラエルにある大使館を「テルアビブ」という町から「エルサレム」に移しました。イエス様の生まれる遥か昔からユダヤ人にとって「エルサレム」は聖地でした。その後、キリスト教もイスラム教にとっても大切な「聖地」であることから紛争が絶えません。

今から70年前、「イスラエル」という国ができました。更地に新たに国を作ったのではなく、その地に住んでいたパレスチナの人々は追いやられました。背景にはユダヤ人の思惑だけでなく西洋社会の思惑もありました。

聖書は復活されたイエス様が再び神さまのもとへと旅立った後、弟子たちが共に集う場に神さまからの働きである「聖霊」によって神さまの臨在が示されました。その時、人々は出身地の言葉で語り合ったと聖書は示します。

単にユダヤ人、日本人という属性が選ばれた理由ではない、すべての民が多様な思い、価値観、そして生き方をする中で神さまご自身が共に集うことを求め一つとなるようにと導かれました。他者との違いを見て優劣を感じるのではない、神さまを賛美する思いを一つとして虹色のように豊かに彩ることこそ神さまが望まれ、祝福注がれることと信じます。

5月18日発行 「サナニュース」より

あなたの傍らで

カトリック教会の司祭であったヘンリー・ナウエンという人がこう書いていました。
「苦しんでいる人と連帯することは、私たちが自分の苦しみについてその人と語り合うことではありません。自分の傷について話したとしても、苦しんでいる人にはほとんど助けになりません。傷ついた癒し人とは、自らの傷について語らずに、苦しんでいる人に耳を傾けることの出来る人です。」

「お話を聞くことしかできませんが…」
私の自己紹介はこの言葉から始まります。「寂しさ」を取り除く薬はありませんが、皆さんの気持ちが少しでも軽くなるためにお役に立ちたいと願っています。お気軽にお声かけいただければ嬉しいです。

診療受付時間

初診受付
・・・8:30~12:00
再診受付
・・・7:30~12:00
診察日
・・・月曜日~土曜日
外来診療担当表 休診・代診一覧

患者支援センター

お困りのことがあればご相談ください。

ご入院や、退院後のこと外来受診などお困りのことがありましたらいつでもご相談にいらして下さい。

お電話
:0748-32-5211
FAX
:0748-36-5412
メールでのお問い合わせ

採用情報のご案内 (ただ今募集中!!)

ただ今の採用NEWS

当院は日本医療機能評価機構による「病院機能評価認定病院」です。

日本医療機能評価機構