診療科目・部門のご案内 礼拝堂

平安と心のいやしのために

礼拝堂礼拝堂は、心が静められ、落ち着く場所です。思想、心情に関わり無く自由に瞑想の時を過ごしていただけます。日曜日には礼拝を行っており、どなたでも自由にご参加いただけます。
チャプレン(牧師)が、こころの悩みをお聴きしたり、辛さに寄り添うなどのサポートをさせていただきます。

日曜礼拝/8:30~9:00
*病院に入院、通院に関わらずどなたでも歓迎いたします。
*年末年始など休みの場合もございます。あらかじめホームページでご確認ください。

チャプレンから皆さまへ ご挨拶

病院(当時の「近江療養院」)の設立から19年、敷地内の最も高い所にヴォーリズは礼拝堂を建て上げました。以来70年以上、この病院にあって患者(当時は「病客」と呼んでいました)やスタッフの歩みを見守り続けています。

時にその建物が患者さんやご家族の心に安らぎと慰めを与えたことでしょう。そして、これからも病院で過ごす一時、礼拝堂を訪れ、慰めと安らぎを感じていただければと願います。

礼拝堂はあくまで人の立ち上げた建物に過ぎません。しかし、ヴォーリズは礼拝堂を通してこの病院で出会う一人一人に「神の愛が注がれている」ことを示そうと願いました。「あなたは1人ではなく、共にいます」との神さまの思いを添えて。それは今も、そしてこれからも。

チャプレン、聞き慣れない職種かもしれません。いわば「礼拝堂の出前」のような存在。礼拝堂が神さまそのものではないのと同じようにチャプレンが皆さんの傍らに寄り添い、「神さまとの出会いの場」、「出会いの時」となることを願っています。

『いまだかつて神を見た者はいません。わたしたちが互いに愛し合うならば、神はわたしたちの内にとどまってくださり、神の愛がわたしたちの内で全うされているのです。』

(新約聖書 ヨハネの手紙一 4章12節)

礼拝堂 チャプレン安部 勉

礼拝堂だより

過去の記事を見る
チヤプレンの「思いつくままに」 第213回

「そこで、わたしのこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている・・・」(マタイによる福音書 7章24節)

「三匹の子豚」というおとぎ話があります。親豚が三匹の子豚を自活させるため、外の世界に送り出しました。一匹目の子豚は「わら」で家を建てましたが狼が吹き飛ばし食べられてしまいました。二匹目の子豚は木の枝で作りましたがやはり狼には意味ありませんでした。三匹目の子豚はれんがを使って家を作りました。狼は三匹目もと企みましたが、家のえんとつから入ろうとしたところ、熱湯が用意され子豚に食べられてしまったというお話です。おとぎ話のメッセージは「時間や手間をかけて作るほうが安全です」だったり「勤勉にまじめにすることで最後は大きな結果を残す」という教訓と言われています。

聖書の中でイエス様は「岩の上に家を建てた人」と「砂のうえに家を建てた人」のたとえを示しました。岩の上に家を建てた人は「雨が降り、川があふれ、風がふいてその家を襲っても、倒れなかった」と。一方、砂の上に家を建てた人は「雨が降り川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった」とあります。

イエス様はたとえを通して伝えたかったことがありました。それは「イエス様の言葉を聞いて行いなさい」。

その言葉とは「天に富を積みなさい」「思い悩むな」「人を裁くな」「求めれば与えられる」など戒めのメッセージです。

イエス様のたとえは家の「土台」が中心に語られます。イエス様の言葉、メッセージが人生の礎になるのだ、と。

土台のたとえは「私たちが何を支えとするのか」との問いかけのように思います。イエス様の言葉を実行することは簡単なことではないかもしれません。でも人生の途上、試練に襲われた時、神さまが土台となって支えてくださっていると思えたならば。

「試練」という豪雨は私たちの「行い」に関わらず襲ってきます。岩の土台、イエス様の言葉は豪雨にあっても決して揺るぐことない固い岩盤として私たちを支えてくださいます。三匹の子豚のたとえのように勤勉やまじめに生きなさいと言われるのではありません。神さまの言葉が私たちの人生の「礎」となり「支え」となると信じなさいとのメッセージです。

7月21日発行 「サナニュース」より

あなたの傍らで

カトリック教会の司祭であったヘンリー・ナウエンという人がこう書いていました。
「苦しんでいる人と連帯することは、私たちが自分の苦しみについてその人と語り合うことではありません。自分の傷について話したとしても、苦しんでいる人にはほとんど助けになりません。傷ついた癒し人とは、自らの傷について語らずに、苦しんでいる人に耳を傾けることの出来る人です。」

「お話を聞くことしかできませんが…」
私の自己紹介はこの言葉から始まります。「寂しさ」を取り除く薬はありませんが、皆さんの気持ちが少しでも軽くなるためにお役に立ちたいと願っています。お気軽にお声かけいただければ嬉しいです。

診療受付時間

初診受付
・・・8:30~12:00
再診受付
・・・7:30~12:00
診察日
・・・月曜日~土曜日
外来診療担当表 休診・代診一覧

患者支援センター

お困りのことがあればご相談ください。

ご入院や、退院後のこと外来受診などお困りのことがありましたらいつでもご相談にいらして下さい。

お電話
:0748-32-5211
FAX
:0748-36-5412
メールでのお問い合わせ

採用情報のご案内 (ただ今募集中!!)

ただ今の採用NEWS

当院は日本医療機能評価機構による「病院機能評価認定病院」です。

日本医療機能評価機構