診療科目・部門のご案内 外科

消化器疾患を中心とした外科診療、及び外傷や皮膚腫瘍(アテローム)などの切除を行っております。患者様のニーズを考慮・相談し、手術必要症例は滋賀医科大学医学部附属病院、近江八幡市立総合医療センター、滋賀県立総合病院、東近江総合医療センターなどと密に連携をとりながら診療を行っております。
また、特に肝胆膵疾患に関しては、滋賀医科大学医学部附属病院 消化器外科と密に連携をとりながら診療を行っており、手術治療や放射線治療、がんゲノム診療などは滋賀医科大学医学部附属病院で行い、当院では化学療法(抗がん剤)や、経過フォローを行っております。

外科からのお知らせ

過去の記事を見る

主な診療疾患、検査・診療の特徴

外傷、アテローム(粉瘤)などの皮下腫瘍、中心静脈ポート留置

外来で切開排膿、縫合処置、皮下腫瘍摘出などの小手術を迅速に行っております。また、化学療法や食事摂取不良に対する点滴栄養で必要となる中心静脈ポート留置も迅速に行っております。

膵臓癌

膵臓癌の治療は、手術、化学療法(抗がん剤)、放射線治療、がんゲノム診療などの集学的治療が重要となります。手術が可能と判断された場合でも、まず術前化学療法を行うことが予後改善に寄与します。当院では、膵臓学会指導医が様々な化学療法(GS療法、GnP療法、mFOLFIRINOX療法など)や日常診療を施行しており、手術必要症例は連携病院で手術を行っていただいております。

肝臓癌、転移性肝癌

肝臓癌や大腸癌の肝転移は、外科的に切除できるかどうかが予後に寄与します。切除できるかどうかについては肝臓専門医により評価された方が切除可能性が増加すると言われております。当院では、肝臓学会肝臓専門医により切除可能性を検討することができ、連携病院で手術を行っていただいております。

胆道癌

胆道癌の治療は、手術あるいは化学療法となります。当院では、胆道学会指導医が化学療法や日常診療を施行しており、手術必要症例は連携病院で手術を行っていただいております。

胃癌、大腸癌

胃癌や大腸癌の治療は、手術あるいは化学療法(化学放射線療法)となります。当院では、消化器外科学会専門医が化学療法や日常診療を施行しており、手術必要症例は連携病院で手術を行っていただいております。

 

医師紹介

前平 博充(マエヒラ ヒロミツ)

  外来では、化学療法(抗がん剤)を行ったり、外傷処置やアテローム切除、中心静脈ポート留置などの小手術を行っております。
担当
消化器外科・肝胆膵外科
経歴
2006年(平成18年) 滋賀医科大学 卒業
2020年(令和2年) 滋賀医科大学大学院 修了
資格
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会
・消化器外科専門医・指導医・ 消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医・評議員
日本内視鏡外科学会 技術認定医(胆道)
日本膵臓学会 指導医
日本胆道学会 指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター

 

診療受付時間

初診受付
…8:30~12:00
再診受付
…7:30~12:00
診察日
…月曜日~土曜日
外来診療担当表 休診・代診一覧

地域療養支援部

お困りのことがあればご相談ください。

ご入院や、退院後のこと外来受診などお困りのことがありましたらいつでもご相談にいらして下さい。

お電話
:0748-32-5221
FAX
:0748-36-5412
メールでのお問い合わせ

採用情報のご案内 (ただ今募集中!!)

ただ今の採用NEWS

当院は日本医療機能評価機構による「病院機能評価認定病院」です。

日本医療機能評価機構